【登山データ】
2018年11月29日 日帰り
コースタイム:3時間30分(うち休憩1時間)
総歩行距離:5.5km 標高差:登り177m/下り236m
 

【山情報】
御岳山(みたけさん) 標高929m
東京都青梅市の奥多摩エリアにある山で、山上には武蔵御嶽神社があります。ケーブルカーで標高831mまで登ることができます。
 

【コースタイムイメージ】
10:00 ケーブルカー御岳山駅 → 10:20 御岳山山頂 → 11:10 七代の滝 → 12:10 綾広の滝 → 12:30 長尾平(昼休憩45分) → 13:30 富士峰園地 → 14:00 ケーブルカー御岳山駅

 
 

平日なのでホリデー快速ではなく、新宿から立川・青梅でそれぞれ乗り換えて、9時過ぎに御嶽駅へ到着。9:15発のケーブル下行きの西東京バスに乗り、9:42滝本駅発のケーブルカーで御嶽山駅に到着。
ちなみに、マイカーの場合は、滝本駅周辺に約150台分の駐車場(1日1000円)がありますのでそちらに停めてケーブルカーに乗ります。
 

準備を整えて、10時過ぎからいざ!登山開始です。
御岳駅前
御岳駅前は紅葉真っ盛り!
 
 

ケーブル下バス停 ケーブルカーまでの道
ケーブル下バス停からケーブルカーの滝本駅までは坂を登って5分ほどで到着します。
 
 

今回は同行メンバーにほぼ登山未経験の初心者が居たことともあり、ペースも少しゆっくり目で写真などを撮りつつ進みます。
紅葉はピークを少し過ぎた頃でしたがまだまだ色づいた木々がたくさんあり、道の上にも沢山の赤や黄色の葉っぱがちらばって秋山の雰囲気が堪能できました。
御岳山登山口
御嶽山駅を出て左に進むと武蔵御嶽神社参道の入り口があります。
 
 

紅葉の御岳山
11月も終わる頃ですが、赤と黄色の木々がまだ鮮やかに残っていました。
 
 

ALPIAと紅葉
ALPIA(アルピア)と紅葉
(登山用ハットALPIAの詳細はこちら>
 
 

武蔵御嶽神社の参道を少し進むと、御師の集落に出ます。宿坊が沢山あり、中には江戸時代に建てられたかやぶき屋根の建物、雰囲気ある建物がたくさん建っていました。
宿坊
雰囲気ある宿坊。
 
 

やがて見えてくる神代ケヤキを過ぎると、食堂やお土産物屋さんなどがある参道に入ります。
その先、鳥居をスタートにして長い階段を登りきると、武蔵御嶽神社が鎮座する御岳山山頂に到着です。
武蔵御嶽神社入口
武蔵御嶽神社の入り口です。気合を入れて階段を登ります。
 
 

武蔵御嶽神社
武蔵御嶽神社
 
 

お参りを済ませ、来た道を戻ると、階段の途中に『長尾平・ロックガーデン・大岳山方面近道』の看板が。今回はこちらの道を使いましたが、確かに“近道”ではあるものの道が狭く急な下り坂で、落ち葉が沢山積もった時期では少し怖かったです。不安な方は、武蔵御嶽神社からの階段をもう少し下りた後の分岐でもロックガーデン方面に向かう道がありますので、そちらからの方が良いかもしれません。
ロックガーデン近道
ここからロックガーデン方面に向かいます。
 
 

御岳山頂からは10分ほどで長尾平に到着。テーブル付きのベンチがあって、昼食や休憩に良い場所です。
ちなみに、御嶽山駅からこのあたりまでは特に登山装備でなくハイキングのときのような服装でも来られるくらいに良く整備された道でした。
長尾平 長尾平2
茶屋は閉まってました。
 
 

長尾平前の分岐を七代(ななよ)の滝方面へ向かいます。
七代の滝方面へ 御岳山登山道
ここからいよいよ登山道らしくなっていきます。
 
 

分岐に従って進んでいくと、20分ほどで七代の滝に到着します。
七代の滝 七代の滝
手前からでは滝が全然見えませんが、奥に行くと滝が!足元にお気をつけください。
 
 

しばし滝を眺めた後はロックガーデン方面へ向かって、はしごのような急な鉄の階段を登っていきます。意外と段数がある上に狭いので、混雑時は譲り合って自分のペースで登ってください。
ロックガーデンへ向かう階段
滑ったりつまづいたりしないように注意!
 
 

階段を上りきって少し行くと、天狗岩があります。
天狗岩
登れるように鎖がついていますが、足場があまり良くないので自信の無い方はやめておいた方が無難です。
 
 

天狗岩の祠 天狗岩の天狗 天狗岩の天狗
天狗岩の上には祠と天狗の像がありました。
 
 

天狗岩の脇から先へ進むと、ロックガーデンに入ります。
清流が流れる沢の両岸を何度も行ったり来たりしながら歩くコースは、東京に居ることを忘れてしまうような爽やかさ。途中に綾広の滝などの見どころスポットや、東屋やトイレもありますので、ゆっくりと満喫できます。
綾広の滝
綾広の滝
 
 

ロックガーデンを抜け、天狗の腰掛け杉を過ぎると、長尾平に戻ってきますので、ここでランチタイム。
その後は来た道を戻り、武蔵御嶽神社の脇の道を通って、案内板に従い富士峰園地に立ち寄って御嶽山駅へ戻りました。
富士峰園地はレンゲショウマの群生地として有名で、花が咲く8月にはレンゲショウマまつりも開催されてとても賑わうそうです。
御嶽山駅
御嶽山駅到着!お疲れさまでした!

 
 

※表記している交通機関の運行時刻などは、2018年11月時点のものです。
変更されている場合もありますので、お出かけの際は必ず最新の運行時刻を確認してください。
 
 
 


■ ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら>
■ ravinaブログ記事一覧はこちら>
■ ravinaの登山用ハットALPIAの詳細はこちら>

 
 

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳、燕岳などなど。twitterアカウント(@ravina_yamagirl )の中の人。