【登山データ】
2016年7月10日 日帰り
コースタイム:8時間30分(休憩2時間20分)
滝沢登山口~駒の小屋~会津駒ヶ岳山頂~中門岳往復
総歩行距離:12.8km 標高差:登り1026m/下り1026m
 

【山情報】
会津駒ヶ岳(あいづこまがだけ)標高2,133m
福島県南会津郡檜枝岐村にある山です。
日本百名山の一つで、頂上~稜線が高層湿原になっていて池塘や高山植物が多いことで有名です。
 

【トイレの場所】
駒ヶ岳登山口、駒の小屋
 

【コースタイムイメージ】
04:30 会津駒ヶ岳滝沢登山口 → 05:40 水場(休憩10分)→ 07:00 駒の小屋(休憩20分)→ 07:40 会津駒ヶ岳(休憩20分)→ 08:40 中門岳(70分)→ 10:40 駒の小屋(休憩10分)→ 11:50 水場(休憩10分)→ 13:00 会津駒ヶ岳滝沢登山口
 

 

■コース詳細
 
会津駒ヶ岳は、アクセスがなかなか大変な場所にあります。当日は土曜日の夜に車で東京を出発。東北自動車道那須塩原インターを降りて国道(といってもかなりの部分が山道)を約2時間半走ります。ちなみに、この間にお店なども無いので、コンビニに行きたい場合はICを降りたあとすぐに寄っておかないと行きそびれます。
私たちは途中で仮眠を取ったりしつつ、午前4時に到着しました。滝沢登山口に向かって道を曲がったすぐのところにトイレがあります。とってもキレイでびっくり。

 

時間が早かったので、登山口に近い駐車場に車を停めることができました。登山口には登山ポストもあります。

 

日が昇って、晴れてきました!

 

前日までの雨で道はぐちゃぐちゃ・・・

 

序盤は急登です。一気に上がっていく感じです。しばらく急坂続きで分かりやすい休憩ポイントも少ないので、ペース配分を大切にしてください!(私は心を無にして黙々と歩きました)

 

途中の水場を越えてしばらくすると整備された階段の道になり、その階段を越えると木道になります。木道になってからはほとんど標高差も無く気持ちよく歩けます!ただし、特に雨上がりなどは濡れていて、どこをどう踏んでも滑る箇所があるのでご注意ください。

 

しっとりしたワタスゲ

 

駒の小屋に到着です!

 

看板がとてもかわいい!

 

トイレも、汲み取り式ですが洋式でとてもキレイでした。

 

しかし周囲はガスガス・・・

 

ところが。山頂に着くと、嘘のようにガスが晴れてきました!

 

燧ケ岳も顔を覗かせてくれます。

 

しばらくするとガスがすっかり晴れ、きれいな湿原が見渡せるように!!

 

中門岳!今回の帽子はALPIAのカーディナルレッドです(宣伝)

 

池塘にハクサンコザクラ

 

ハクサンコザクラいっぱい咲いてます!

 

周り360°、手前は湿原で奥に山々。美しすぎます。

 

燧ケ岳もすっかり姿を現しました

 

ずっと続いている木道。まさに天空の楽園

 

ずっと見ていたいですが、当日中に東京まで帰らなくてはならないので下山です。

 

下山後の温泉は、旅館ひのえまたさんの日帰り入浴。とてもキレイなお風呂でした。露天もあります。

 

お風呂でさっぱりした後はおそば。地元の名物「はっとう」もいただきました!山菜たっぷりの天ぷらも美味しかったです。

 
 

会津駒ヶ岳は、近くに高速道路などがなく場所が遠いことと、標準コースタイムが山頂までで往復約7時間、中門岳までいくとプラス1時間40分掛かること、さらに駐車場が混み合っていれば駐車場から登山口まで往復でプラス30分掛かるので、東京から日帰りで行くにはチャレンジしにくい場所です。当日も土曜夜発で日の出と共に登り始め、その日のうちに東京まで戻りましたが、体力的にはなかなかハードでした。
日程に余裕があれば、駒の小屋(要事前予約)に1泊してゆっくり歩くのも良いと思います♪駒の小屋は素泊まりのみですがカップ麺なども販売されていますし、なによりとてもキレイで可愛らしく、良い雰囲気の山小屋でした!
それから、ふもとの檜枝岐村もとても良いところなので、下山後も温泉やご飯など是非ゆっくりして欲しいです。個人的な話ですが、実は私は檜枝岐村のお隣の地区に祖母の家があり、小さい頃から年2回は奥会津に行っていました。これぞ古き良き日本のふるさと!という情緒にあふれていて、本当に癒される場所です!
 
※表記している交通機関の運行や各施設の営業時刻は、2016年7月時点のものです。変更される場合もありますので、お出かけの際は必ず最新の運行時刻を確認してください。

奥会津の風景 奥会津の風景ととんぼ
 
 
 


 
 
 
▼ravinaの登山用ヘルメット『FLUQUE(フルーク)』の詳細はこちら
FLUQUE紹介リンク
 
▼ハット『ALPIA(アルピア)』の詳細はこちら
ALPIA紹介リンク
 
 


■ ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら>
■ ravinaブログ記事一覧はこちら>
■ ravinaトップページはこちら>

 

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳、燕岳などなど。twitterアカウント(@ravina_yamagirl )の中の人。