【登山データ】
2016年10月9日 日帰り
白駒池入口~にゅう~中山展望台~高見石~白駒池入口
コースタイム:4時間40分
総歩行距離:7.9km 標高差:登り約394m/下り394m
 

【山情報】
白駒池からにゅうは、苔とシラビソやコメツガなどの針葉樹林の森が広がるハイキングコースです。
白駒池は紅葉の名所で、駐車場から徒歩10分ほどで行けるため、登山者以外でも気軽に行ける観光スポットになっています。
にゅうの山頂部からは、北八ヶ岳では珍しく富士山を望むことができ、高見石からも白駒池をはじめとして素晴らしい景色が見られます。
 

【トイレの場所(今回通ったコース内)】
白駒池入口駐車場、白駒荘、高見石小屋
 

【コースタイムイメージ】
10:30白駒の池 駐車場→10:40白駒の池(休憩20分)→12:10ニュウ(休憩30分)→14:20中山(休憩10分)→15:30高見石小屋(休憩30分)→16:30白駒荘(休憩10分)→16:40白駒の池 駐車場
 


 

今回、3連休で北アルプスを計画していましたが、お天気があまりよくなかったので日帰り八ヶ岳に変更。前から行ってみたかったのと、雨でも楽しめそうということで、白駒池~にゅう~高見石をハイキングしてきました!
 
 

■コース詳細
駐車場は白駒池入口にあり、1日500円です。2箇所あってとても広いですが、今回は小雨のお天気にも関わらず、10時頃到着で8割方埋まっていました。
係員さんがいるので、指示に従って駐車します。

 

白駒池への入口

 

白駒池。曇っていて暗い写真になってしまいましたが、紅葉がキレイでした。

 

雨の影響で道はどろんこ!今回はこの泥が一番の敵でした。

 

少々ブレてしまっていますが、木道もあって整備はされています。

 

白駒湿原。しっとりした空気です。

 

私の靴と足は早くもどろどろ。

 

秋らしくキノコもいっぱい生えていました。

 

にゅうの森。苔がキレイでした。

 

案内も親切。でも“にゅう”はニューなのか乳なのかどれが正しいんでしょうか・・・?

 

そして開けた場所に出ました。富士山が見えます!!

 

一番高いところは岩を登ります。

 

岩場のてっぺんより。今回、諸事情でヘルメットをかぶって自然の中にいる写真が必要だったので、ここで撮影会をしていました。写真のFLUQUEはフロントが雲×バックがコケモモの組み合わせです。(宣伝です)

 

森の中はこんな感じです。

 

展望の無い中山展望台。ガスガスでした(泣)

 

森はしっとりとしています

 

ただし道はどろどろです。ここは水没!

 

高見石小屋に到着。とても可愛い小屋でした。

 

小屋裏手の高見石に登ると、ようやく青空が!!

 

白駒池が見えます。

 

来て良かった。どろどろになった甲斐もありました。

 

帰りは青空の下の白駒池

 

白駒荘

 

もみじの色づきが美しいです。お疲れ様でした。



 
 
 
▼ravinaの登山用ヘルメット『FLUQUE(フルーク)』の詳細はこちら
FLUQUE紹介リンク
 
▼ハット『ALPIA(アルピア)』の詳細はこちら
ALPIA紹介リンク
 
 


■ ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら>
■ ravinaブログ記事一覧はこちら>
■ ravinaトップページはこちら>

 
 

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳、燕岳などなど。twitterアカウント(@ravina_yamagirl )の中の人。