【登山データ】
2019年1月29日 日帰り
コースタイム:2時間45分(休憩除く)
総歩行距離:5.1km 標高差:登り568m/下り568m
【山情報】
大山(おおやま) 標高1252m
神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市の3市にまたがる標高1,252mの山です。丹沢山などの丹沢の山々と共に丹沢大山国定公園に属し、日本三百名山や関東百名山のひとつにもなっています。
【コースタイムイメージ】
10:00 阿夫利神社駅(山上駅) → 10:40 16丁目 → 11:40 大山山頂(休憩60分) → 13:00 唐沢峠分岐 → 13:30 見晴台(休憩20分) → 14:15 阿夫利神社駅(山上駅)

大山は、個人的には登山を始めたばかりの頃に1度行った山なのですが、その当時はとにかく歩くことに必死だったせいかあまり景色やルートの記憶がありませんでした・・・。
そのため、今回は改めてじっくり楽しんで登ろうととても楽しみにしていました♪
朝は、新宿から小田急小田原線で伊勢原駅へ。9:00発の大山ケーブル行きの神奈川中央交通バスに乗り、9:25に到着。ここから大山ケーブル駅までは、約15分間歩きます。ケーブルカーは20分に1本となりますので、目的の時間に乗れるように上手く時間を調整してください。(ちなみにバスを降りた場所にトイレがありますが、トイレはケーブルカーの乗り場の駅にも降り場の駅にもありますので焦って行かなくても大丈夫です!)
バス停を降りて、ケーブルカーの表示のある看板の方向に歩いていくと、沢山のお店が立ち並ぶ『こま参道』に入ります。
大山こま参道
ロウバイは満開!梅も少し咲き始めていて、春が待ちどおしくなります。
ロウバイ1 ロウバイ2 梅の花
ケーブル駅への道のりは、長い石段をひたすら登って行きます。地味に疲れてきたところで『こま参道 制覇!!』の文字が!この石段を登りきれば、ケーブル駅です。
こま参道

ケーブルカーは片道630円、往復だと少しお得になって1100円(繁忙期は1240円)です。終点の阿夫利神社駅まで約6分で到着します。
大山ケーブルカー
ケーブルカーを降りると、素晴らしい景色が迎えてくれました!まさに快晴。きらきら光る相模湾が綺麗です。この日は江ノ島や、さらに向こう側には房総半島も見えました。
阿夫利神社駅

AM 10:00、トイレ(50円)を済ませ、準備を整えていよいよ登山開始です。
まずは阿夫利神社下社で安全祈願のお参りから。
阿夫利神社 阿夫利神社鳥居
神社内では、大山内に1箇所だけある水源から水を引いているという御神水を汲める場所があるのですが、この入り口がとても分かりにくい場所にあります。特に私が行った時は作業用の足場が組まれていたこともあり、あちこち探してやっと見つけました。
山行時の飲み水を頂こうと思っている方は、写真の矢印のところから入ってください!
阿夫利神社御神水
中では、龍の口から御神水が流れています。とても美味しいお水でした!
神水

さて、ここからいよいよ登山開始です。
神社左手の看板に沿って登山口に入ります。
大山登山口
登山口にある鳥居をくぐると、すぐに急な石段があります。登山道には写真のような石塔があり、山頂が28丁目となっているので、どのくらい進んでいるかの目安になります。
大山登山口 大山登山口

道は広くて歩きやすく、特に危険な場所もありません。
途中の富士見平はコース随一の富士山観賞スポット!この日は快晴で、素晴らしい富士山を拝むことができました。
大山からの富士山

そこからさらに行くと25丁目にはヤビツ峠方面との分岐があり、そこを過ぎると20分ほどで鳥居が見えてきます。この鳥居をくぐれば山頂はもうすぐ!
大山山頂前の鳥居

到着!!当日は快晴で関東平野や相模湾も一望できました。
大山山頂

ゆっくり登って、この日の山頂到着はちょうど12:00。山頂にはベンチやテーブルが沢山あるので、お昼にはバッチリのスポットです。
トイレ(100円)もあるので、下山前に済ませましょう。水洗、洋式でトイレットペーパーもありました。

下山時はこちらの道から、「不動尻・見晴台方面」に向かいます。

途中に少しだけ鎖を使う場所がありますが、全体的にとても整備された山道なので、安心して歩けます。
下山

見晴台は名前の通り見晴らしがよく、ベンチもたくさんあるのでここも絶好の休憩スポットになります。
見晴台
ここを過ぎると二重社と二重滝があり、ここを過ぎるとあっという間にケーブルカー阿夫利神社駅に到着!
お疲れ様でした!!

※表記している交通機関の運行時刻などは、2019年1月時点のものです。
変更されている場合もありますので、お出かけの際は必ず最新の運行時刻を確認してください。


■ ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら>
■ ravinaブログ記事一覧はこちら>
■ ravinaの登山用ハットALPIAの詳細はこちら>

 

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳、燕岳などなど。twitterアカウント(@ravina_yamagirl )の中の人。