【登山データ】
2016年8月21日 日帰り
黒島登山口~表砂漠~天上山~不動池~黒島登山口
コースタイム:3時間20分
総歩行距離:4.7km 標高差:登り360m/下り360m

 

【山情報】
天上山(てんじょうさん)標高571m
東京都の神津島にある山です。

山頂部分に周遊コースがあり、中央部に「表砂漠」、南西部に「裏砂漠」と呼ばれる砂の地帯があります。

また、ババア池、不動池、千代池などの池があるほか、周囲の伊豆諸島の島々や本島が見える展望スポットなど、見所もたくさんあります。

 

【トイレの場所(今回通ったコース内)】
黒島登山口、不動池

 

【コースタイムイメージ】
09:00黒島登山口→09:40黒島山頂10合目→09:50砂漠分岐→10:00表砂漠(休憩10分)→10:20天上山(休憩20分)→10:50不動池→11:00天空の丘(休憩10分)→11:20不動池→11:20新東京百景展望地→11:30不動池分岐→11:40表砂漠→11:50砂漠分岐→12:00黒島山頂10合目→12:20黒島登山口
 
 


 

夏だー!!ということで、海も山も満喫しようと、初めての神津島旅行を計画しました。
東京から神津島までの移動に飛行機を使ったために荷物が5kgまでしか持ち込めず、天上山登山も超軽量装備で行きました。が、周囲を見るとむしろ私たちが一番山装備をしていて、他の観光客とおぼしき方々はワンピースや水着(!)にスニーカーやビーサンで登っていました。ルートはとても良く整備されていますが、結構木の枝などが道に張り出していたりしますので、怪我防止の観点から言うとやはり肌の露出は控えめにした方がよいかな、と個人的には思います。
登りは階段が作られ、山頂の周遊コースは看板や矢印が沢山ありますので、迷うことは無いと思います。
今回は、8月20日・21日は日本列島付近に台風が3つ発生するという、悪い意味で珍しい気象条件。運よく飛行機は往復とも飛んだので無事旅行は出来ましたが、お天気はとってもイマイチな2日間でした。
(ちなみに旅行翌日の月曜日は台風が本格接近し、神津島には避難勧告発令。飛行機も全便欠航でした・・・)
 

では、詳しいコースの様子をご紹介します。
 
 

■コース詳細
 

まずは、少し離れた場所から。神津島内では、どこにいても大体天上山の山容を望むことができます。
天上山
 

黒島登山口です。杖が借りられます。
天上山ルート
 

登山道はしばらくの間階段になってます。登りはじめて約3分で1合目の看板登場。早っ!(標高571mですからね)
天上山ルート
 

順調に2合目も通過~♪
天上山ルート
 

景色はこんな感じ。海が見えます!
天上山ルート
 

これからの道のり。植物の感じが本州とは違います。
天上山ルート
 

3合目にはベンチも。
天上山ルート
 

こんな感じで小刻みに目印があります。
天上山ルート
 

K船長・・・??
天上山ルート
 

約15分で5合目到達
天上山ルート
 

順調に高度を上げていきます。海がきれいです。
天上山ルート
 

このあたりから、少し道が狭くなってきます。草が生い茂ってます。
天上山ルート
 

6合目。
天上山ルート
 

7合目。
天上山ルート
 

8合目。
天上山ルート
 

9合目。
天上山ルート
 

10合目の少し手前から、こういう周遊コース用の案内表示も登場します。見えにくいけど、これが1番。
天上山ルート
 

10合目!ただしここから山頂まではまだ道があるのです。
天上山ルート
 

周遊コース案内版4番。マウンテンLOVE。
天上山ルート
 

この数字は、神津島村役場オフィシャルサイトからダウンロードできる「天上山頂上詳細ガイド」に対応しています。
天上山ルート
 

表砂漠に到着!
天上山ルート
 

本当に、突然砂の世界になります。
天上山ルート
 

迷いやすい場所には矢印が書いてあるのでルートが分かりやすいです!
天上山ルート
 

地元の小学生が絵や文字を書いているらしいです。手作り感にほのぼのします。
天上山ルート
 

ラヴ&ピース
天上山ルート
 

山頂到着!
天上山ルート
 

山頂で一瞬だけ雲が切れて海が見えました!晴れてたらどんなにきれいだったろう(泣)
天上山ルート
 

お天気が悪くなりそうだったのでババア池方面の周遊は諦め、不動池に向かいます。岩と砂の道。
天上山ルート
 

こういう道案内の看板も随所に。
天上山ルート
 

ポイすてやめて。
天上山ルート
 

ほのぼのしますね。
天上山ルート
 

不動池到着。時期によって水があったり無かったりするそうです。ガスも相まって不思議な雰囲気でした。
天上山ルート
 

天空の丘へ向かいます。このあたりは草が背丈くらいまで生い茂っていて、気をつけないと蜘蛛の巣まみれになります。
天上山ルート
 

天空の丘。真っ白!「ぜひ360度の大展望をお楽しみください」の案内板が泣けます。
天上山ルート
 

不動池に戻って、新東京百景展望地へ。本当に景色が見たかった・・・!!残念でした。
天上山ルート
 

この後は豪雨に降られてしまい、裏砂漠も諦めて黒島登山口へ。もう少しゆっくりしたかったけど、次回のお楽しみということで!
天上山ルート
 

最後に、これは初日に晴れた瞬間の前浜海岸の写真です。ここも東京都なんですよね。と思うと、なんだか不思議な気持ちになりました。
神津島
 
 

天上山は「海に浮かぶ天空の楽園」という事前情報を入手していたのでとても楽しみにしてたのですが、残念ながらガスの世界の登山になってしまいました。
良かったこととしては、山頂で奇跡的に雲が途切れて少しだけ海が見えたことと、アルプスや都内近郊の山には無いような景色(山の植物だったり、砂漠だったり)が見られたことです。
途中で豪雨に見舞われ、泣く泣く山頂の周遊を半分以下にして切り上げたので、ぜひまたリベンジしたいと思います!


 
 
 
▼ravinaの登山用ヘルメット『FLUQUE(フルーク)』の詳細はこちら
FLUQUE紹介リンク
 
▼ハット『ALPIA(アルピア)』の詳細はこちら
ALPIA紹介リンク
 
 


■ ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら>
■ ravinaブログ記事一覧はこちら>
■ ravinaトップページはこちら>

 

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳、燕岳などなど。twitterアカウント(@ravina_yamagirl )の中の人。