【登山データ】

2019年8月2日 日帰り
コースタイム:7時間25分(休憩除く)
総歩行距離:10km 標高差:登り944m/下り944m

【山情報】

焼岳(やけだけ) 
長野県と岐阜県にまたがる標高2,455 mの山。活火山で、日本百名山に選定されています。
また、山域は1934年に中部山岳国立公園の特別保護区に指定されました。

【コースタイムイメージ】

06:00 田代橋 → 06:15 焼岳登山口 → 8:35 焼岳小屋(休憩10分)→ 10:20 焼岳北峰(休憩60分) → 12:25 焼岳小屋(休憩10分)→ 14:10 焼岳登山口 → 14:40 上高地


 

【上高地へのアクセス】
上高地は通年マイカー規制が行われているため、松本市方面からは沢渡(さわんど)駐車場、高山市方面からはあかんだな駐車場に車を停めて、シャトルバスまたはタクシーで向かう必要があります。
公共交通機関を利用する場合は、バスまたは電車で[松本バスターミナル][新島々駅][平湯バスターミナル]まで行き、そこから上高地バスターミナル行きのバスに乗ります。
詳細は上高地オフィシャルサイト内上高地へのアクセスよりご参照ください。
 
 

■ コース詳細
今回は、上高地に前泊、かつ、下山後その日のうちに東京に戻るというスケジュールを組む必要がありました。そのため、早朝出発で日帰りができ、帰りの新宿行きの最終バス(16:15発)に間に合う山という条件で焼岳を選びました。
焼岳は上高地の西側の端にあるため、ホテルは焼岳登山口に近い場所に宿泊しています。上高地内のどこに宿泊するかでも、30分程度は所要時間が変わってきます。
以前登った中の湯からのコースと比較すると、上高地からのコースの方が登りごたえを感じました。
 
 
 

ホテル出発はAM5:30。天気予報は午前中は晴れで午後から曇り、もしかすると夕立もあるかも?とのこと。帰りのバスの時間もあるので、極力早く登って早く下山しようというスケジュールです。
梓川
早朝の誰もいない上高地は本当に爽やか!少し雲は出ていましたが時々日差しも出てきて、天気への期待も高まります。
 

梓川沿いを15分ほど歩くと焼岳登山口に到着。まだ傾斜は少ないですが、ここから登山道に入ります。
焼岳登山口
 

登山道は時々道が少し分かりにくくなる箇所がありましたが、赤いテープを辿っていけば大丈夫です。傾斜はまだまだ緩やか。後からどんどん急登になりますので、温存しておきましょう。
焼岳登山道
 

しばらく行くと小さな梯子があります。短い梯子はこの先も何度か出てきました。このあたりからだんだん険しい登りになってきます。
焼岳登山道
 

登る登る。上高地はもともと標高が高いので気温はそれほど高くないですが、樹林帯は風がほとんど通らないため、汗が止まりません・・・。
焼岳登山道
 

橋は足元をしっかり見て。ストックを持っている場合は片手に纏めて持ち、ロープをしっかり握って渡ります。
焼岳登山道
 

ここで、初めて少し開けた場所に出ました。木が無くなると、風は通るものの今度は太陽が照り付けて暑い!夏山に登ってるなぁという実感が湧きます。目指す焼岳も、上高地から見た時よりグッと近くなってきました。
焼岳登山道
 
 

そして、本日の行程最大の難所。有名な3段の梯子です。
この梯子、ガイドブックなどで見ると「長い梯子に注意」程度しか書いてないのですが、個人的には梯子の先から連続して出てくる岩場の方が怖かったです。足場が狭く、鎖を離せば滑り落ちてしまいそうな場所でした。
焼岳登山道
 

梯子を登り終わった後も気を抜かずクリアしていきます。
焼岳登山道
 

梯子を登りきると、焼岳を左手に見ながら一旦進行方向は右へ。
焼岳登山道
焼岳登山道
 

焼岳小屋に到着しました!
焼岳登山道
 

今回のコースでトイレがあるのはここだけです。ペットボトルの販売やヘルメットの無料貸し出しもありました。
ここでトイレをお借りし、外のベンチでしばし休憩を取って再出発!小屋を越えるとすぐに、雄大な焼岳を眼前に望みながら歩く景色の良い道になります。
焼岳登山道
 

中尾峠周辺はお花畑になっていました。
焼岳登山道
 

ここでヘルメットを装着しました。日差しがとても強かったのでALPIAの日よけもとても助かりました。
焼岳登山道
 

ちなみに、2015年にも焼岳に登ったのですが、そのときはほとんどの人がヘルメットをかぶっていませんでした。今回は、感覚値ではありますが3割くらいの方がヘルメットをかぶっていたように思いました。少しずつ少しずつヘルメットも普及していることが感じられました。
焼岳登山道
 

そこから15分ほどで、いよいよ岩がゴロゴロの急斜面に入っていきます。所々でガスが噴出し、風に乗って硫黄の匂いが漂ってきて、活火山の雰囲気が増してきます。
焼岳登山道
焼岳登山道
 

振り返ると焼岳小屋が小さく見え、そのはるか向こう(写真右奥)に上高地。
焼岳登山道
 

ここで、後ろから来た登山者の方に、「あそこにカモシカがいる!」と教えていただきました。(写真のどこにいるか分かりますか?)
焼岳登山道
私は登山5年目にして山でカモシカに遭遇するのが初めてだったので、とても嬉しかったです。カモシカは私たちが通り過ぎるまでの間ずっと、岩の上からじっと登山者たちの様子を見守って(?)いました。
焼岳登山道
 

急斜面を登りきると、中の湯ルートとの合流地点に出ます。ここからあともうひとふん張りで山頂です!
焼岳登山道

岩に書かれた矢印や○を目印に登っていきます。ここはストックは使わず、両手でしっかり岩を掴んで進みます。
焼岳登山道
 
 

到着!
なかなかの急な登りと無風状態の樹林帯の暑さに苦しみましたが、ダイナミックな景色にとても満足感のある登山でした。
焼岳登山道
 
 

帰りは来た道と同じルートを下ります。
下山後は、上高地温泉ホテルでお風呂に入りました。上高地内の宿泊施設で日帰り入浴ができるところは何件かありますが、受付終了時刻が早いため注意が必要です。遅めの時間までやっている施設だと、この上高地温泉ホテルが15時まで。焼岳登山口からは少し遠いですが、小梨平キャンプ場の「小梨の湯」は18:30まで受け付けています。その他の施設については、上高地の公式ウェブサイトをご参照ください。
► 外来入浴(上高地公式ウェブサイト)
 

お風呂で汗を流した後は、お土産を買って無事予定通りのバスで上高地を後にしました。
素敵な夏の1日でした。
上高地

 

※表記している交通機関の運行や各施設の営業時刻は、2019年8月時点のものです。変更される場合もありますので、お出かけの際は必ず最新の運行時刻を確認してください。

 
 
 
▼ravinaの登山用ヘルメット『FLUQUE(フルーク)』の詳細はこちら

 
 
 


■ ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら>
■ ravinaブログ記事一覧はこちら>
■ ravinaの登山用ハットALPIAの詳細はこちら>

 

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳、燕岳などなど。twitterアカウント(@ravina_yamagirl )の中の人。